スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ラビリンス・ラビリンス
 又吉直樹の「火花」の掲載された文學界があっという間に売り切れたと聞いて、
う〜ん、と腕組みしちまったんだよね。
こりゃブームで終わりゃすまいか、と。
 だってさ、普段は文芸誌に興味のない人まで買ってるってことでしょ?
ってことはさ、買ってまず「火花」読むでしょ、で?そのあとは?
ハイ、全部読み終えましたって人、手ぇあげて〜。
吉村萬壱とか楊逸とか、いい作家なんだけどねぇ。

 Twitterで羽田圭介のアノ写真とその後の彼の取り上げられ方を見て、
“あ、迷子が出たな”って思ったしさ。
「花火」で、文学(つーか、活字とか?)の入り口までは来たものの、どの道進めばいいんだろ?
って人も多かったんだねぇってさ。
だから、こんなんもあるで〜って彼もまた、入り口であると同時にひとつの道となった。
そんな気がしたんだよね。
実際彼の「スクラップ・アンド・ビルド」はもちろん「黒冷水」は読まれているみたいだしさ
(アタシはコッチの方が好き)。又吉直樹の顔写真が帯になってるのも、読まれてんのかな。

 おかげでいま、密かに読書ブームなんだってね。
ダメじゃん。
せっかくさ、“本”っちゅー入り口くぐってやってきた人たちがさ、ブームだと来た道帰っちゃうじゃんか。
読書を一部の人たちの趣味で終わらせんなよぉ。
この際だから、じわじわと引き入れちゃおうよ、迷宮に(って、ヲイ)
 そーゆー意味じゃ、この街の書店ってモゴモゴモゴ・・・・・・。
入り口は散々用意してんのに引き摺り込むフェアが残念だったり、入り口関係なくいきなり沼に
たたき落としてたり。
 でもって最近できた、おされでハイソな書店ってか書店の皮かぶった中途半端な雑貨屋(?)の酷さ。
いや、しばらくはウケるとは思うけどよ、本読まない人からは。
でも、あそこのターゲットは少なくとも本好きではないってことで。
ってことは、それってチャンス?
出版社順で並べないってことはさ、ペットのコーナーに「夏への扉」とか「シャム猫ココシリーズ」とか、
DIYコーナーに「解錠師」とか、建築関係んとこに「数奇にして模型」とか、しれっと混ぜんの。
んで、うっかりそんなんを手にしちゃったお客さんに、背後から店員が忍び寄って「猫のパジャマとか
犬は勘定に入れません、とかもございますよ、こちらに」なんて誘導しやがるって、どーよ。
ひろがるよー、たぶん。
ずるずる迷宮に引き込んでさ、あとは野となれ山となれ。

だけど。
まだそんな書店なんてないし。
もうとっくに迷宮に入り込んでる(それも多重迷宮)アタシは、どーすりゃいいんだろね。







スポンサーサイト
[2015/08/27 21:51] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<謹賀新年 | ホーム | 14年>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sdrapis.blog118.fc2.com/tb.php/449-d050720f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
月は東に日は西に


ぼーっとした毎日のなんだかんだを、ぼーっと綴るもの

プロフィール

すっとこらぴす

Author:すっとこらぴす
蜜柑と真珠の国、愛媛で暮らすらぴす。
無駄な知識を駆使して大ボラを吹く特技があるものの都合が悪くなると、一瞬で眠りに落ちる。
よく知る人物は皆、口を揃えて「天然物」と評している模様。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。