スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
光の中へ
スタレビファンなら、ピンとくるであろう本日のタイトル。
そう、眩しく痛いまでの日差しのある日、古くからの友が息を引き取りました。
治ることのない病は、私の予想よりも早く友の体を蝕み、見舞うたびに友の姿を
変えていき、私は友の病室に足を運ぶのが辛くなったのです。
私は、友を見捨てたのかもしれません。

友の葬儀を終えて、私は友の配偶者からお礼の言葉とともに
「でも、少しあなたを恨みます」と言われました。
「あなたが見舞いに来た日は、いつも調子が良くて食欲も戻ってた。なぜもっと見舞って
 くれなかったのか。そうすれば、まだ生きていたかもしれないのに」と。
言った本人も私も、それが八つ当たりだとわかっています。
愛しい人を亡くした時、誰かのせいにしないと、自分を支えられないことがあるのです。
それに、その気になれば毎日通える距離の病院だったのにも関わらず、だんだん遠のいた
のは私の意思でしたから、責められても仕方ないのです。

友が逝ってしまってから、私はいくつかの問題と大きな壁にぶち当たっています。
内心、大いに嘆き苦しみ、他者に原因を見出そうとしていました。
けれども。
どの問題もおなじ根からだと、やっと気がついたのです。
すべては、私の思い通りにしたいという我の強さだったのです。
いつのまにか、自信は思い上がりへと姿を変え人を思いやる真心を
私は失ってしまっていました。

友は、その命で私にそれを教えてくれたのかもしれません。
もう一度、自分の姿を見つめ直して改めるきっかけを与えてくれた気がします。

生きるなら光の中を、今ならまだ修正できるから。

そんな友の声が、聞こえるようです。
スポンサーサイト
[2014/08/12 21:36] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<14年 | ホーム | 呪(しゅ)>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sdrapis.blog118.fc2.com/tb.php/447-a97e50e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
月は東に日は西に


ぼーっとした毎日のなんだかんだを、ぼーっと綴るもの

プロフィール

すっとこらぴす

Author:すっとこらぴす
蜜柑と真珠の国、愛媛で暮らすらぴす。
無駄な知識を駆使して大ボラを吹く特技があるものの都合が悪くなると、一瞬で眠りに落ちる。
よく知る人物は皆、口を揃えて「天然物」と評している模様。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。